Taiji ARITA

 
 

Taiji Arita was born on January 31, 1941, in Kokura (now part of Kitakyūshū), Japan. After briefly studying law at Chuo University, he opted to instead pursue a career as a photographer and studied at Tokyo Sogo College of Photography under Yasuhiro Ishimoto.

Arita photographed from 1964 until 1991. From 1964 to 1966 he worked in the photography division of Nippon Center of Design, Inc.; from then to 1977 he freelanced for numerous publishers and the advertising industry. 

In 1975 he published First Born,  a series of images of his first wife and son taken over a period of three years.

The series was inspired by the birth of his first child, with the artist using performance techniques with demanding movements and expressions from his models. At times the poses seemed removed from reality.

While creating works of art using his wife and child as subjects, the artist also photographed his family at play. In the more formal work, the performance evokes a characteristic humor and eroticism by use of the interplay between mother and child in their innocently free poses. In this body of work the photographer gives the viewer a powerful sense of presence in the surreal world within the picture. The result of the entire series can best be described as a three person documentary, with Arita playing the role of unseen director and documentarian. The monochrome series was printed by the artist with each of the prints having a distinctive beauty. When one sees the prints firsthand, the keen sensibility and great sensual beauty offer breathtaking moments.

Even today, this series still expresses the fresh energy of the moments the images were made.

The First Born portfolio (68 photographs) is owned by Tokyo Metropolitan Museum of Photography, Tokyo, Japan, as part of their permanent collection.

In 1977 Arita left Tokyo for Ontario, Canada. He continued freelance photography for Canadian and Japanese advertising and publishing industries.

In 1980 he returned to Tokyo and opened Arita Studio specializing in photography for advertising and publishing industries as well as cinematography for television commercials. He married Masako Koiso in 1984.

From about 1980 on, Arita started to paint in oils and yet continued to be an active

photographer.

In 1988 Arita published The Forest of the Naked. This collection of 71 expressionist  paintings makes the viewer feel the anxiety and loneliness of human existence through images of the human figure in contorted positions. Arita's paintings are similar to his photographs in demonstrating his acute descriptive powers that are revealed when he transforms the physical body into a part of an object.  For Arita art was not just a product made as a result of painting, sculpting or photographing, but rather a way of living. Despite having attained much professional acclaim while living in Japan, he became disillusioned. He yearned for a freer existence in which he could create for the sheer joy of creating and live within the elements of nature from which he derived aesthetic sustenance and inspiration. In the foreword to The Forest of the Naked he writes, “The forest calms me, stimulates me, releases me….”

In 1991 Arita left Tokyo for southern California. He worked as contributing photographer and videographer to Japanese publishers and television broadcasting companies, but started backing away from photography and spending more time on creating fine art (paintings and sculptures).

In 2000, Arita moved north to the redwood forest of the Mendocino coast to begin a life devoted solely to creation of art with his wife Masako. He designed and built a house and studio in Fort Bragg. Together they created Arita's final body of work titled Fruit of the Redwoods, which used redwood salvaged from the remnants of trees over 1000 years old. This project became a point of reference for several North Coast woodworkers, many of whom studied under James Krenov’s in the Fine Wood Working Program.

Arita’s work both before and after this relocation shows a great and effortless mastery of whatever medium he choses to express himself in. His work was always fresh since he was fearless in investigating new media. Sometimes it appears as if he were channeling a greater consciousness, one whose only purpose in existence was aesthetic.

Arita died in Fort Bragg, California, on July 17, 2011, at 70.



有田泰而 1941年1月31日 北九州小倉生まれ


受験校だった小倉高校から中央大学に入学し、法学部で法律を学んでいたはずの有田泰而は、殆どのときを本人が中央大学ヨット部に行っていたというほどに受験勉強から解放されて横浜にあるヨット部に通いつめ海に出る毎日を楽しんだ。全く法律への興味がわかず2年で大学をやめ、写真に転向する事を選び、東京総合写真専門学校の石元泰博氏のもとで学び、在学中より広告制作会社日本デザインセンターの写真部に籍を置き、1966年まで写真撮影を続けることになった。そこでのちに親友となる沢渡朔氏と会いほぼ同じ頃に二人揃ってフリーランスの写真家になるべく退社することになる。1967年にフリーランスの写真家となってからもファッション雑誌などのコマーシャル写真を多く手がけ、ムービーカメラマンとしても活躍している。また被写体としての依頼も多々あったことが、雑誌、広告などの紙面から伺うことができる。

1980年ころから写真と平行して油絵も描き始め、極度にデフォルメされた人物像に人間存在の不安や孤独をかんじさせる表現主義的な絵画集「裸者の森」を発表するなど、写真同様に絵画の分野でも人間の肉体をモノの一部に転化させる有田の鋭い描写力が発揮されている。

1975年に発表された「First Born」は、長子が誕生したのを契機に、息子と妻をモデルにして約3年間撮り続けたシリーズである。登場する2人に有田はさまざまな動きと表情を要求し、ときには現実離れしたポーズをとらせるなど演出的な手法で作品を構成している。

作品として被写体をとらえると同時に、作者は徹底して親子3人による家庭的な遊びとしてもとらえており、奇抜な演出効果が生み出す表現からは、一種独特なユーモアとエロテイシズムが感じられる。「遊び」のこころを前提に天真らんまんに自由なポーズを見せる母子と撮影者相互の交流は、非現実的な画面の中にも力強い存在感を感じさせ、親子3人によるドキュメンタリーともいうべきスタイルを生み出している。

有田の写真の特徴の1つはモノクロームの場合、そのプリントの美しさである。その美しいプリントを見たとき、感性の鋭さと同時にその官能的な美しさを感じさせられ思わずハッと息を飲むような瞬間がある。このシリーズは現在に於いても時の古さを感じさせない新鮮な息吹を感じさせられる。「First Born」から68の写真が東京都写真美術館にパーマネントコレクションとして保存されている。

1977年に有田は息子の育つ環境として最初の妻の故郷カナダに移住する。そこでも彼はカナダと日本の広告や出版業界の写真撮影をフリーランスの写真家として続けた。

1980年に彼は東京に戻り、有田スタジオを開設し広告や出版の業界、テレビコマーシャルのための撮影を続けた。1984年に彼は小磯雅子と結婚する。

日本に住んでいる間にすでに多くの専門的評価を達成したにもかかわらず、有田にとって芸術が単に絵画、彫刻、写真撮影の結果として作られた製品ではなく、生きているすべてが芸術それ自体であることを実感し、1991年に東京から南カリフォルニアのロサンジェルスに移住する。日本の出版社やテレビ放送会社のカメラマンやビデオ写真家として貢献する一方ほとんどの時間を純芸術にそそぎ始め、絵画や彫刻など大きな作品を自由に制作しはじめる。

1996年雄大な自然を求め、メキシコバハカリフォルニアの南端の小さな村トドスサントスの太平洋の真ん前に家を持つ事になったが、有田には森と清流が必要だった。

2000年に有田は生活の全てを芸術に捧げるべく、妻雅子とともに北カリフォルニアのメンドシーノ海岸のレッドウッドの森を見つけ移動する。テント生活をしながら、森を切り開き、倒した木を製材し、それを材料として彼の設計した家とアトリエを自身で建設しそして生まれて初めて手がける大きな機材を操縦し雑木林だった森を見事に美しい姿の森に蘇らせた。

1000年以上の古木レッドウッド伐採後の切り株を利用し、彼らは2人で有田の最後の作品群となる「フルーツ オブ ザ レッドウッド」を生み出す。このプロジェクトは北カリフォルニア海岸線の多くの木工に携わる人々やジェームスクルノヴのファインウッドワーキングプログラムの下で学んだ多くの人々に衝撃を与えるほど、かつて木工の世界には存在しない作品を発表することになった。

1988年に発表した画集「裸者の森」の序文に彼は「森はわたしを静め、わたしを鼓舞し、わたしを解放する、、、」と書いている。その森を彼は現実に見つけ出し、その森をこよなく愛し、彼が息を引き取るそのときまでその「しーん」とする森の音がいいんだとその音に聴き入っていた。

有田泰而は彼が生きてそこに存在するすべてが彼の作品となり、彼自身が表現するものはその媒体物がなんであれ、卓越しそしてさりげなく熟達されたものとして示された。彼は新しい媒介物を恐れずに探求し、取り入れ、ときには大胆ふてきであり、常に彼の作品は新鮮で魅力的であり、彼自身それをより楽しんだ。

それはまるで大いなる意識が彼に働きかけているようにその芸術の真美のみが彼の手、絵筆をとおして出現した。


2011年7月17日カリフォルニア、フォートブラッグにて帰天。70歳。

 

WELCOME TO THE WORLD AS SEEN THROUGH TAIJI’S EYES